更新情報・お知らせ

節分祭のご案内



2月3日は立春の前日で節分といい、
季節の変わり目には邪気が入りやすいとされています。
この日に豆(魔を滅する)をまいて邪気を祓います。

 

この日京都分院では、
節分祭に鳴動式(釜)にて邪気を祓い、
剣によって、悪縁を断ち切り、豆まきをいたします。

 

 

また、
出雲大社のご祭神である大国主大神(だいこくさま)は
縁むすびの神様です。

 

当分院では、節分祭を含め、大祭時に
だいこくさまがご鎮座されます
神殿の中扉を開放いたしております。

 

この機会にだいこくさまのお近くで
除災招福・厄除け・良縁をご祈願され、
より一層のご加護をいただかれますよう
ご参列ください。

 

◇節分祭   2月3日 11時


◇ご祈祷受付 2月3日 8時~22時

 

◇福豆授与(くじ付き)
  1月29日より授与いたしております。
  ご家庭での豆まきにお使いください。

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、くじ付きの豆まき及び境内舞台の設営はいたしません。

 また、例年行っておりました開運恵方巻きの販売・甘酒の無料接待も 中止とさせていただきます。

 

 

 

2022年01月15日

元旦祭・初神楽祈祷のご案内

年のはじめの ためしとて、
終わりなき世の めでたさを、
松竹たてて 門ごとに、
祝う今日こそ たのしけれ。

 

これは、
出雲大社第80代国造(宮司)
千家尊福(せんげたかとみ)公が作詞された
「一月一日」という歌です。

この歌のように、
昔から毎年お正月になると門松を立て、
しめなわを張って歳神さまをお迎えし、
新年を祝います。

また、おせち料理を暮れに作るのは
歳神さまを迎えるお供え物で、
神様のおさがりとしていただき、新しい力を得るためです。

年の初めには神社にご参拝なさって、日々の感謝と1年の幸せをご祈願しましょう。

 

 

◇元旦祭
  1月1日 11時

◇初神楽祈祷
  1月1日    0時~17時
  1月2日・3日 9時~17時

 

2021年12月11日

大祭(お火焚き祭)のご案内

11月23日、11時より
大祭(お火焚き祭)が執り行われます。

 

昔から、さまざまな神社で秋祭りが行われています。
秋祭りとは、神に一年間の収穫を感謝するお祭りです。


お祭りは、基本的には神社で行われ、
神に祈り、感謝しながら神と人とが楽しみ、
生きる力をいただきます。

 

神事は鳴動式によって執り行われます。
鳴動式の五気(火水木金土)の力とは人間が生きていく上での重要な要素です。


釜の「ボー」と鳴り響く音によって、罪けがれを祓い清め、
”幸せになるための巡り合わせ(ご縁)”を結んでいただく、最も神秘的で重大な祭事とされています。

 

どなたでもご参列できますので、ぜひ、ご家族そろってお越しください。

2021年11月01日